開発の息抜きに、たまにはレーザーで遊んでみました。

使用したのは新型のDXレーザー「AL2000F-M20」、期待の新人です。

AL2000F-M20


こちらはハイクラスなモーターを搭載していますので、精度が抜群です。

今回はレーザーと相性が良い、「ステンレスカード」を利用しました。
ステンレスカードとは薄いステンレス板にアルマイト塗装がされているものです。
ファイバーレーザー、UVレーザー、CO2レーザー、どれでもOKです。
(塗装を剥離するだけなので)

ステンレスカード


アマゾンで100枚セットで2000円ぐらいです。

amazon

↑クリックでアマゾンに飛びます

オリジナルソフトのMotherを起動して、画像を取り込むだけです。
いつもの世代を感じさせるドラゴンボール、の絵をセット。

ドラゴンボール

ステンレスカードが黒なので、ここでは反転させた方が良いので、データを反転させます。
反転をチェックするだけです。

反転

あとは、ステンレスカードをセットして「印字」ボタンを押すだけ!
簡単ですね!


印字後のカードです。
想像以上に綺麗に仕上がり、自分でもびっくりでした
これはブログで紹介しておこう!と思った次第で書いています笑

完成

(動画は著作の問題もあるかもしれませんので控えておきます

写真も綺麗にできます。
女優さんの写真を選んで。。
(本当はテイラー・スウィフトが良かったですがあまりいい写真がなく)


女優

こちらも反転すると良いです。
如何でしょうか、やはりレーザーは楽しいものです。
開発している側はもっと楽しいですよ~

色々ステンレスカード

※著作権の問題があるので、個人利用程度が必要です

やっていて思ったのですが、画像をコピーして貼り付け、だけでMotherに追加されると便利そうです。メモφ(・ω・`) そのうち追加しときます!