お客様から炭素繊維(CFRP)での印字のお問い合わせを頂きました。

炭素繊維とはこのようなものです。

炭素繊維



ファイバーレーザーで炭素繊維は綺麗にレーザー印字できるのでしょうか?

結論から言いますと、「場合による」です。

ご予算があればUVレーザーの方をお勧めします。



ファイバーレーザー:〇 深堀印字推奨、微細な文字、ロゴなどは不向き
UVレーザー:◎ ダメージレスで印字可能 

という感じです。

UVレーザーは手が届かなく、コスパが良いファイバーレーザーで炭素繊維印字を行いたい!!という方向けに、今回は「ファイバーレーザーで炭素繊維に印字した場合」の事例をご紹介したいと思います。


まずは普通の条件設定でファイバーレーザーで印字をしてみました。

結果は・・・・


炭素繊維に通常ファイバーで印字


このようにファイバーレーザーだと強すぎることもあり、どうしても印字むらが出てしまいます。

また樹脂の時のように「煙」も多めに出てしまいます。


解決策としては、「深堀り印字」にしてくっきりさせるしかなさそうです。

ダメージを与えて燃焼させるイメージです。

深堀り印字は「ウォブル機能」の利用がおすすめです。


「ウォブル」とは、直線を「円状の弧を描きながら」描画することで「太線」を作り出す機能になります。


ウォブル


このような軌跡を描きながら線を作り出します。

描きたい円の「直径」と「ピッチ」を指定できます。

0.5mm幅の単線を描きたい場合は、

直径:0.5mm
ピッチ:0.05mm(大体直径の1/10ぐらいのピッチがお奨めです)

とします。


具体的には、ペンを選択し詳細設定ボタンを押すとパラメータ画面が出るので、そこでウォブルにチェックを入れて入力します。

ウォブル設定


それではウォブル機能で「深堀印字」した場合の動画を撮影しましたのでご紹介します。





近くで見るとこのような感じです。

炭素繊維にファイバーレーザー印字した様子


深くくっきりしていて、遠目での視認性は良いですね。

ついでにマイクロスコープで拡大するとこのような感じです。

炭素繊維の印字拡大


燃焼させる感じのため、焦げや荒さはある程度発生してしまいます(金属の時のような美麗さはできません)。

印字後は少し表面にチリが見受けられたので、手で擦ってチリをはたきました。


今回は30WファイバーレーザーでPOWER50%で行いました。
「切断」用途の場合は、厚みにもよりますがPOWER100%で複数回行えば切れるかもしれません。
あるいは100Wクラスもあれば十分切断可能な感じでした。
※100W以上の製品制作も可能です。

ご参考としてください!