カスタム電源の「雷サージの試験」のために、宮崎工業試験場に行ってきました。

今回開発した電源はDC/DC電源なのですが、入力はバッテリー接続のため入力側はサージの心配はありません。

しかし出力側が屋外に接続される予定のため出力側にサージが混入の危険があります。

そこで出力側にサージが入っても耐えられるかの試験を行いました。


0142142fe0b55b06f497734723dd23a36825963550


下の写真で黒いのが今回のDCDC電源です。
いきなり電源ではテストせず、まずはサージ対策回路のみで波形を確認することにしました。


018136768202e9ba5ec330a360b9865461ba1c09f5


雷サージは、国際規格のIEC61000-4-5に準拠した試験を行い、今回はレベル4達成を目標としました。

サージ対策として、バリスタ、コイル、TVSダイオード、(保護ヒューズ=念のため)という構成で回路を組んでみました。


サージ対策回路


DCDC電源のバック耐圧はDC30Vぐらいなので、それ以下であることがクリア条件です。

サージ装置の画面はこんな感じで、0.5KVから、1KV、2KV、3KV、4KV(レベル4)までテストしました。正負のテストを実施します。

013f1331a4383b60c99609d0cb7b9e208a31727513


とりあえず順調にテストでき、最期の4KVの波形です。

ヒューズ電圧で30V以下で十分余裕があるのでOKです。

サージ波形


まず治具で問題ないことを確認できましたので、実際にDCDC電源にサージ試験を行いまして、無事に壊れないことが確認できました

ご対応頂いた工業試験場の小玉様、小田様、ありがとうございました