今日はアート系デザインをレーザーする事例をご紹介したいと思います。

レーザーの場合、色の区別が当然できませんので、基本的には白黒データが相性がいいです。

白と黒といっても2色ではなく、間のグレー(灰色)の表現はレーザーパワーの強弱(0~100%)をつけることで良い感じになります。


それでは私が大好きな(だった?)ドラゴンボール孫悟空でやってみましょう。
ちなみに私はドラゴンボール全盛期世代です(キン肉マン、北斗の拳、ハイスクール奇面組、、、ジャンプの袋とじのシール集めてました世代です 笑)

まずは白黒の孫悟空をネットから探してビットマップで保存しました(JPEGやPNGでも良いです)。


そのファイルをレーザーソフトで取込みます。
「ファイル」-「ビットマップファイルを読み込む」を選択します。

ビットマップファイルを読み込む


画像をうまく取り込めました。

悟空取込み


次に、白黒強弱をつけるためパワーマップを設定します。

画像を選択して、画面左のプロパティの「パワーマップ」ボタンを押します。

パワーマップボタン

そうするとパワーマップ画面が出て、白黒の強さ(0~255)に合わせたレーザー出力(%)を設定できる設定画面が表示されます。「Set Max Value」を押して、最大値を入力します。

パワーマップ画面

ここでは最大100%としました。

100%


以上で完了です。簡単ですね!!!

それでは真鍮板のあまりがありましたので、これに印字してみます。




かすが付いていますので、アルコールでふき取ってこんな感じです。

DSC00595


いかがでしょうか?
アート系のお仕事にも非常に簡単に利用頂けると思います

サンプルのご依頼もお気軽にお申し付けください。