アコン社長のモノ作り日記

遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます!

生まれて初めてでしたが、大晦日を会社で過ごして年を迎えました。。

それもありようやく新型レーザーマーカーの販売にこぎ着けました。

正直ここまで来るのはめちゃくちゃに大変でした。。
ここ2年近くはずっと開発の日々でした。
アコンを起業してから遡ると12年ですか。。
なかなか好きなレーザーとは言え達成感と疲労感が同居する変な気分ではあります。

それでは新年ということもあり、アコンレーザーマーカーの軌跡を振り返ってみます。

まずは起業した当時のCO2試作機です(あ~懐かしい)。

初号機


ダサい、、 ダサすぎ。
10数年前の私に言いたい、『なぜこれをGOサインした?』と。。

さすがにデザイン性に満足できず断念。
また技術的課題も色々あり一旦電源事業に集中した時期でもあります。

2015年、2号機開発に取り掛かる。
筐体デザインを外注に発注。
2号機

2号機CAD設計


デザインには満足するものの、コストが大幅にUP。。
結局コストダウンの見通しが立たず、また電源事業が忙しいため開発中断。

それから4年が経過・・・

2019年より企業として体力が徐々に付いたことから
本格的にレーザーマーカー事業に着手。

当時と違いCO2よりファイバーレーザーが価格的にも安価になってきたことから
ファイバーレーザーマーカーの開発に切り替え。

2019年 ファイバーレーザーマーカー AL20Fシリーズ発売
    市販筐体、EZCADでコストダウンを図る。

2020年 ALMOPAシリーズ発売
    コストはあがるが印字品質重視のニーズに対応

2020年下期 ALCO2シリーズ発売
     CO2レーザーもラインナップに加える。


2019-2020年


2021年 ALUVシリーズ発売
    初のUVレーザーマーカー。まだ安価なUVレーザーがなく好評。
    新社屋も建設したのがこの時期。

2021年   3Dレーザーマーカー AL3DFシリーズ発売
    
2021年下期 ALMOPA-Sシリーズ発売
       小型のニーズに応える。

2021-2021年下期


2022年  EL200シリーズ発売
      独自筐体と生産ラインに特化したコストダウンモデルで好評。
EL200シリーズ


この間、お客様のニーズを聞きながら新型レーザーマーカーの開発を進めておりました。

そしてついに2024年、DXレーザーマーカーシリーズが発売になります。

AL2000F-M20


↑クリックすると特設サイトに


アコンという会社は、私がレーザーマーカーを作りたいと思って設立した会社です。

色々回り道をしましたが、ようやく国内生産でありながらコストも両立し
満足いく製品ができました。

またサラリーマン時代にレーザーマーカーの開発を行っていた際に
色々と技術的課題も多くありましたがクリアし製品化することができました。

IP64に対応しています。生産ラインで長期安定利用ができますので
ぜひご相談、お問い合わせを頂きたく思います。



アコンではクリーンレーザー事業にも力を入れております。

今回は北海道のオートサービス・アクティブ様に1500Wタイプをご導入頂きました。

営業より聞いたお話だと、ずいぶん前からクリーンレーザーの購入を検討されていた中で
最終的に弊社製品を選んで頂いたとの事で大変うれしいです

今回導入致しましたALSG2-1500Wは初号機に比べかなり小型化できました。

小型化



オートサービス・アクティブ様は北海道の紋別という非常に寒い地域の会社様です。


紋別


北海道・東北エリアは東海商事様が代理店窓口となって頂いておりますので
今回は東海商事様と連携して納品、サポートさせていただきました。

雪かきの重機の刃の塗装の塗り直し工程で、現状サンダーを利用しているのを
クリーンレーザーで作業の簡略化ができる!と喜んで頂きました。

塗装落とし



導入の様子はインスタレーザークリーナーHPに掲載しておりますので
ご興味ある方はぜひご覧ください。
掲載に快く同意頂いたとの事で感謝申しげます。

オートサービスアクティブ様

職人さん達のオーラを感じますね、良い写真です。

この度は誠にありがとうございます!
今後も全力でサポートさせていただきます。

本日は、東京のビッグサイトで開催されているジャパンパック展示会に弊社の新型レーザーが初お披露目されましたので見学に行ってきました。

相変わらずビッグサイトの大きさには感動しますね。
中国のスケールに引けを取らない所が嬉しく感じます。

ビッグサイト

最近提示会はコロナ明けの反動もあってか、どこも盛況のようです。


ジャパンパック

新型のUVレーザーAL2000UEが2ブース、AL2000Uが1ブース、合計3台も展示頂きました。

包装機械に取り付けられて印字も行われる実演がされていて大変気持ちがこみ上げて来ました。

サンプル印字

すごく発色が良いと大変うれしいご評価を頂きました。

ご関係企業もありますので、詳細はまだお見せできないのが残念です。
が、レーザーマーカーで国内、世界で№1企業となるため着々と弊社も順調に歩んでおります。

この辺は「ほら吹き太郎」とならないよう気を引き締めていきます


UVレーザープリンタ AL2000UEのチラシが出来ました。

A4サイズ1枚です。
クリックするとPDFでダウンロードできます。


↓↓↓↓↓↓ クリック ↓↓↓↓↓↓ 

AL2000UEチラシ



ご興味ある方は、営業までお問い合わせください。



新型のUVレーザーが2機種あり少しややこしい事になっていますが、AL2000Uもプレ販売が近くなってきました。

先日ご来社頂いたお客様にお披露目したところです。

全体2


ヘッド正面


新しいMotherソフトは、重ね書きの機能も追加しています。
ストロークフォントを2本線、3本線など指定して太く濃く印字することができます。

重ね書き


実際に包装フィルムに印字して拡大して見てみましょう。


サンプル印字

綺麗に濃く印字できています。

当然ですが2本、3本とすると印字時間が長くなりますので要求タクトにより微調整していく必要があります。

こちらの機種も先日の包装フィルム用AL2000UEと合わせてご期待下さい。

今回は食品業界、包装フィルム業界の方は必見の内容です。

本日は新型UVレーザーAL2000UEの移動マーキング評価試験を行っていました。

以前ブログでご紹介したUVレーザーの新しいモデルです。

正式リリースに向けて最終の試験に入りつつあります。



今日は難易度が高い、ワークを高速に移動させながら包装フィルムに印字のテストに入りました。


AL2000UE



包装フィルム


フィルム系はUVレーザーで印字が注目されていますが、装置サイズをコンパクトに作り上げる技術力が要求されます。

本UVレーザーAL2000UEは最大出力4Wと高出力ながらも非常にコンパクトに仕上げることができました。


またラーメンやお菓子などは毎日大量に生産させていますので、その印字タクト(印字時間)の要求を実現するのも技術力が試されるところです。

私も昔、半導体テスターの会社に在籍しており半導体のパッケージにデバイス名などをその当時はCO2レーザーで高速印字しておりましたが確かラインスピードは10m/分ぐらいだったかと思います。

しかし包装系では30m/分程度のラインスピードが求められますので、その速さで精度良く印字するのは中々の技術力が必要です。

本日はその評価試験で問題なく良好な結果となりました。

この辺は過去の経験が生かされています。


動画にまとめさせましたので、ご紹介しておきます。


エンコーダー信号の取り込みにも対応しており、テストはエンコーダーA相を取り込みながら印字をしました。

エンコーダー取り込みは多少のスピード増減ブレが発生しても安心ですね。

AL2000UEは11月頃よりプレ販売を行っていきます。

12月から開設する大阪支店でもデモできるよう進めますのでこちらもご期待ください

ファイバーの次世代モデルの開発も進んできました。

弊社が目指す製品コンセプトの方向性として、産業用に特化した安心、安全であることです。

高機能モデルはその辺を大きく意識した製品になっています。

設計した3Dモデルです。

次世代レーザー

(主な特徴)
・IP64※ヘッドのみ
・分離式
・パワーメーター搭載
・安全シャッター搭載
・独自ソフト、パソコンレス

最近筐体が出来てきて、組み立て中です。

組み立て中

本体側


IPが心配でしたが、簡易テストしたところ問題ないようです。

一安心です。最終的には検査場にて最終IP試験、ノイズ耐性試験を行います。


また大阪支店を新設すべく動き出しました。

大阪北区エリアとなりそうです。

大阪拠点

レーザーを全国展開、海外展開するための拠点です。

サンプルテストなど大阪でもできる様進めてまいります。


新型UVレーザー4Wも出来てきました。

新型UVレーザー4W


こちらもご期待ください!

弊社では今年度は4機種も新しいレーザーマーカーの開発を平行して進めております。

4機種も平行開発するのは中々大変ですが、日々一歩ずつ前進しております。

開発に日々忙しく、私のブログも滞りがちですが。。


そのような中ですが、ようやく新型のUVレーザーのハード面が完成しましたので
少しご紹介したいと思います。

新モデル:AL2000UE 4WUVレーザーマーカー

新型UVレーザー

今日は以前からご期待頂いているお客様にも立ち合って頂き、お披露目することができました。

本モデルは包装フィルム業界に向けた製品で、ヘッドからワーク間の焦点距離WDが20mm程度と短いのが特徴的です。


背面です。

ヘッドと本体間のケーブルは2本で接続されますが、コネクタ分離式としました。
これによりレーザーの設置、取り回しがし易いです。

背面


ソフト方面も、弊社オリジナルのMother(マザー)を組み込みます。
またパソコンレスでも利用できるようになり、専用コンソールにも対応する予定です。

包装フィルム向けに合わせて、素材がデリケートなため
印字はダメージレス、且つ色濃く出るような設計に仕上げました。

乞うご期待ください

新製品のEL200シリーズを簡単にご紹介したいと思います。

従来ご愛顧頂きましたAL20FとALMOPAシリーズですが、市販品であった筐体ケースが入手困難となりましたため、新規でケースを独自に設計、生産することになり、それに伴い新シリーズへと移行する運びとなりました。

AL20Fシリーズ ⇒ EL200-Fシリーズ
ALMOPAシリーズ ⇒ EL200-Mシリーズ

性能は変わらずに、サイズダウンとコストダウンすることができ、よりお求めやすい製品にジャンプアップできたと思います。

それでは写真です。

EL200シリーズ


黒を基調としたシックな装いに仕上げました。

前面


表面処理も綺麗です。
実はコネを利用してiphoneのケースも製造している加工工場を利用しています
そのため仕上がり具合は申し分ありません。

背面

背面です。

・USBコネクタ パソコンと接続して利用します
・マーキングスタートコネクタ フットスイッチなど接点入力で印字開始ができます
・Motorコネクタ 回転体、XYステージと連動することができます
・I/Oコネクタ I/Oで印字開始、印字終了、READYなど操作できます。主にPLCと接続します。内部に独自の基板ですべてフォトカプラを装備しており安心です。
・ACスイッチ AC100V/200V入力に対応しています。スイッチを切り替えして利用します

オプションで移動マーキングにも対応することができます。
その場合は上記に加え、移動マーキング用のコネクタが追加されます。


ご興味ある方はぜひお問い合わせください。