アコン社長のモノ作り日記

円状のワークに合わせて文字を印字する方法をご紹介します。

今回はこの水道メーターの真鍮部分にマーキングします。

水道メーター


まずはワークの直径を測定しましょう。

中央値は65mmのようです。

直径


それではソフトでデータを作ります。

まずは直径65mmの円を作ります。

直径65mm円


次にテキストを作成するのですが、ドラッグするときに円に重なるように配置するとテキストがくっついてくれます。


円にくっついた状態です。


くっついたテキスト


くっついたテキストをクリックして、プロパティ画面で
下のボタンが表示されますのでクリックします。

テキストプロパティ


ここでパラメータを色々設定して目的の位置や形にします。
まずは円の下側にテキストをもっていきたいので、基準角度をとりあえず「270」度と入力します。

基準角度を入力

そうすると、テキストが下の位置に移動します。

テキストが移動する

角度は、右横が0度基準で、真上が90、左横が180、真下が270ということです。

文字が逆さまになっているので、上下反転させます。
上下反転は下のボタンを押すと反転してくれます。

文字を反転


上下反転してくれました。


上下反転


あとは、フォント、印字したい文字を入力します。
このとき注意点として、文字の間隔は下の「F」ボタンの「文字の間隔」にて調整してください。
ここでは2mmとしました。

フォントなどを指定


このままではちょっと右に寄っているので、先ほどの基準角度を270としたのを240に修正します。

円弧の中央に寄りました

良い感じの配置となりました。

ただこのままでは文字が円の「内側」に配置されていますね。
直径65mmは中央値でしたので、文字もこの円の中央に配置した方が良さそうです。

再度先ほどの「F」ボタンにて「基準」から「センター」を選択します。
円弧の「内側」「外側」「センター」など指定できるのでとても便利です!!

基準線からみて、位置を指定できる


綺麗に円弧の「センター」に配置されました。

センターに配置


あとは文字の内部を塗りつぶして印字したいので、いつもどおり「塗りつぶし」ボタンで設定します。
今回は塗りつぶしピッチを0.01mm間隔としました。

塗りつぶし設定後


いちお文字はこれで完成です。

ただこのままでは円も一緒に印字されてしまいますね。
円は描画しないように「見えない設定」にしましょう。
設定は簡単です。

左上のオブジェクトリストで円を選択して「目をつぶる」ボタンを押すだけです。
非表示設定


円が消えました。


円が消えた


※実際は「選択したものだけを描画する機能」があるので、テキスト文字だけ選択して印字すればよいので、慣れるとこちらが簡単ではあります。


それでは実際に水道メーター(真鍮)にレーザー印字しましょう。





黒いカスがどうしても出ますので、軽く布で拭くと綺麗になります。
※アルコールで拭くのがお勧めです

DSC01314


今回は文字列内の「2021」などは固定数字としましたが、カウントアップ設定にして「0001」「0002」「0003」など連番にすることもできます。

水道メーターのメーカー様にも大変ご満足いただける仕上がりとなりました。

現状は打刻機で人力でされているようで印字品質にむらもあり、また作業者のご高齢化も進んで大変のようです。。

本日は新社屋、工場の地鎮祭を執り行い頂きました。

少し小雨が降っていましたが、「雨降って地固まる」だそうです。


地鎮祭の様子

ちなみに一番左が私です^^

鍬入れです。
へっぴり腰で、えい、えい、やー です。


鍬入れ


続けて、施工していただいている内山建設の社長さんです。

流石に慣れてらっしゃる!腰つきが違いました。

内山建設社長

土地の神様にお願いします。

お供え


式も一通り終わり、最後に神主様にお清めしていただきます。


DSC_0268


無事地鎮祭も終わり、来年3月が待ち遠しいです。

内山建設の皆様ありがとうございました。
引き続き安全工事で宜しくお願い致します。





新製品のCO2レーザー(ALCO2シリーズ)をご紹介します

来月からプレ販売をスタート致します、大変お待たせ致しました。


ALCO2-30W(30Wクラス)の全体写真です。

全体


CO2のイメージカラーは「緑色」としました。
設置は昇降「台」ではなく「柱」としていますが、もちろんファイバーと同じ昇降台も対応できます。


ヘッドです。

ヘッド


ヘッド部は360度回転、好きな角度で利用できます。
これは便利な機能です!(欲しい人には絶対ほしい機能)

360度回転


本体です。
パワーユニットなどが入っています。

本体

安全キーや緊急停止ボタンです。
手前に見えるUSBポートでパソコンと接続するだけで利用できます。

製品型式とS/N番号を印字しています。
(もちろん弊社ファイバーレーザーAL20Fシリーズで印字)

SN番号


裏側はこのような感じです。

背面


専用I/Oコネクタや、マーキングスタート、回転体用コネクタがあります。




それではテスト印字の様子をご紹介します。

CO2といえば、木材でも利用できますので、木の板でテスト印字します。

ホームセンターで売っている普通の木材板です。


木材


それでは御覧ください。





30Wレーザーですがパワーは10%ほどしか利用していません。

印字後はこのような感じです。

印字後


木材はCO2が断然相性が良いです。
ファイバーレーザーではどんなに設定を変更しても、このような感じまでは難しいかと思います。

価格は100万円前後でリリース予定です。
こちらも国内最安級かと思います。


乞うご期待ください!!


新製品CO2レーザーのお問い合わせはこちらまで



お客様の特注でXYZ軸の移動調整が可能な昇降台を制作しました。


高さ170cm級の昇降台

↑ 営業の福永くん(身長178cm、元ばりばりの野球部)です

キャスター付きで、手軽に移動もできて便利です。


XYZ移動


XYZ軸が動くことができると、ワークを好きな場所に置いてレーザーヘッドをXYZで移動するだけで済むので、ワークの移動が難しいもの、重いもの(例えば積みあがった木材など)にそのままマーキングしたい場合などに威力を発揮します。


今回のお客様は追加で「横向きに印字したい」ということで、特別にヘッド設置用に「L型金具」も作り対応しました。

L型金具


アコンではレーザー装置の品質だけでなく、

『如何にお客様の仕事に直結した役立つ物をご提供できるか』

を考えたシステム全体のご提案をしていきたいと思います。


仕様を確定して、約1か月弱で設計、制作を終えることができました。
弊社では3DCAD(主にソリッドワークス)設計をまず行い進めますので、間違いが少ないのも大きいです(結果的に開発期間、コストが安くなります)。


3D CADでの設計


スピード感にも大変ご満足していただけて、大変うれしく思います。




現在UVレーザーの詳細HPを制作中なのですが、UVレーザーの実力といいますか、あまりファイバーに比べて優位性をPRするのが難しい(伝わりずらい)と感じました。

とりあえず樹脂ワークがメインのお客様は、ご予算があればUVレーザーをお勧めします。


今日は改めてUVレーザー(ALUV-3W)でテスト印字してみました。

近くにあったテーブルタップ(たぶんABS素材)のレーザーマーキングの様子です。





やはりファイバーレーザーに比べると、非常にクオリティーが高い印字をしてくれます。
印字後の実際の拡大写真です。


UVレーザー印字

どうでしょうか? 拡大してみても綺麗さがお分かり頂けると思います。



さて、ここでふと疑問になる方も多いと思います。

ファイバーレーザーも「樹脂にも対応」とあるので、ファイバーでも大丈夫では?と思われることでしょう。

確かにファイバーレーザーでも樹脂系、特にABSは発色良く印字できます。

しかし「発色が良いこと」と「高品質であること」とは少し異なるのです。




じゃあどれくらい違うのか?


ここは具体的に比較した方が良いと思い、実験をしてみました。

①ファイバーレーザー(AL20Fシリーズ)
②MOPAファイバーレーザー(ALMOPAシリーズ)
③UVレーザー(ALUVシリーズ)



の3機種での比較を行いました。

なるべく条件を合わせて印字してみました。

比較印字


①ファイバーレーザがぱっと見は一番はっきりとしている感じですね。
見た感じでは、あまり大きい違いはない感じです。

視認性だけみれば、この3種類のレーザーはどれでもOKかと思います。



それでは拡大してみてみましょう。

まずは①ファイバーレーザーです。

①ファイバーレーザー(拡大)


全体的に焦げ目で黒色になっています。
印字中に少しパチパチと音がしますので、焼けている感じでしょうか。


次に②MOPAレーザーです。

②MOPAレーザー(拡大)

MOPAレーザーは周波数やパルス時間を広範囲に変更できるため、素材に合わせた微調整ができます。
色々変えてやってみましたが、この辺が限界でした。①ファイバーレーザーよりも少しダメージレス(焦げが薄い)にはできているのはお分かり頂けると思います。また線、エッジも①より少しシャープです。


最後に③UVレーザーです。

③UVレーザー(拡大)


印字部分のダメージ、荒さがほとんどないのがお分かり頂けると思います
これがUVレーザーの大きな特徴(メリット)です。


以上が比較実験になります。

このようにどのレーザーでも一概に言えば『ABS樹脂に印字できる!(注1)』となりますが、視認性や細部まで見たときのディテールは異なるということです。
※注1 ABS樹脂でも素材色によっては①②のレーザーでも難しい場合もあります


樹脂系(柔らかい素材)メインのお客様には、まずはUVレーザーをお勧めしていきたいと思います。

ただ逆に金属系素材の場合は、ファイバーに比べるとUVレーザーはパワー不足であったり、時間がかかったりと劣る部分もあったりします。

その辺の比較記事もそのうちUPしていきますね


樹脂系(柔らかい素材)はUVレーザーが第一候補!


です。


日頃よりご愛顧頂きまして誠にありがとうございます。

皆様より格別のご高配を賜りまして創業して8年になりますが、更なる発展を目指して本社新社屋を建設させて頂く運びとなりました。

2021年3月末ごろ完成を目指しております。


new_office



パース③


温暖で自然が豊かな日向市から海外に向けても積極展開していたいと思っております。

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。



こんにちは前回の記事より大分時間が空いてしまいました。。。

決して遊んでいたわけではありません!笑

レーザー関連の開発を色々と進めております。


今日は錆取りレーザーALSG-120Wのご購入を頂きました瀬戸内クラフトの横田社長がアコンまでお越し頂き、色々とサンプルをお持ち込みいただいてデモテストを一緒に行いました。

↓横田社長のデモテスト中の様子

瀬戸内クラフト 横田社長

↓実際のサンプル(色々お持ち頂きました)
サビ取り

導入まで時間があるので色々と試したいとのことでした。
岡山県から宮崎まで遠いのに・・・ありがとうございます


横田社長は最初標準ファイバーレーザーマーカーAL20F-50Wをご購入頂く際に見学でご来社頂いたのですが、その際にサビ取りレーザーも非常に興味を持って頂きまして、今回ご購入頂ける運びとなりました。

大変ありがたく、また今後もご期待に沿えるよう頑張っていきたいと強く思いました



それでは許可を頂きましたのでサンプル動画をご紹介します。
まずは黒く塗られたブロックをやってみました。




反応が良く綺麗に除去できていますね。
ちなみに赤い塗装のブロックでは難しい(時間がかかる)感じでした。


次にステンレス板のペンキ塗装を除去してみました。




こちらも綺麗に除去できる感じですが、やはり赤色は反応が良くないようです。
色によっては違う周波数に変更するとうまくいくかもしれません。

次に、真鍮バルブのサビ、汚れ取りをしてみました。




こちらも良く除去できています。


次に鉄オブジェの錆取りを行いました。




こちらも良い感じですね
鉄、ステンレスとはファイバーは相性が良いです。


続けて別の鉄オブジェです。






結構頑固そうな錆びも比較的簡単に取れました



続きまして、瀬戸内クラフト様のメイン事業の肉盛溶接のサンプル素材(練習用)です。





溶接の際に出る「溶接痕」も非常に綺麗にとることができます。



次は、鉄の金型の錆取り、汚れ除去です。





綺麗に取れます。
レーザーなので少しレーザー痕(わずかですが)が付いたりしますが、その点どうなんですか?と聞きましたところ、この程度なら全然問題ないとのことでした。
まあそれ以上に凄いサビが出来ているので、それもそうかと思いました。。。

全く傷がないようにも条件を調整すればできると思いますが、出力が弱いパワーになるので時間がかかるデメリットもありそうです。


最後に、真鍮板の錆取りです。
横田社長がどこかの展示会で貰ってきたものらしいです。




これはXYプロット式のCO2レーザーで加工されたサンプルのようでした。
※弊社でもCO2レーザー(ガルバノ式)は近々リリース予定なので楽しみにしてください



以上、いかがでしょうか?
ALSG-120Wで結構強力に錆取りできるのがご理解いただけるかと思います。

出力波形は、らせん状(10種類)にもできますし直線状にもできるのが特徴です。
らせん状ですと広い範囲(最大100x40mm)で照射でき短時間の作業で済みますが、その分パワーは分散されるため落ちがちです。
直線状だとパワーは強いですが、ヘッドの手での往復作業が多くなります。
色々とワークの状態に合わせてタッチパネルで簡単に設定変更できるのも良い点です。

また高性能MOPAレーザーを使用していますので、広い範囲で周波数、パルス幅を変更することもでき素材の材質、色などに合わせた調整もできるようになっています。

キャスター付きでヘッドも軽く、手動であらゆる方向にレーザー照射できるので、
金型や小物などのさび取り、掃除用に非常に重宝するとおもいます

そしてなりよりコスパが国内最安級!であることですね
アコンだからできるお求めやすい価格だと思います。

横田社長、本日はありがとうございました!!


本製品のお問合せはこちらまで!




今日は2.5D機能についてご紹介します。


2.5Dって何??? と思われるかと思いますが

名前の通り2Dと3Dの中間の機能です。


レーザーマーキング装置自体は2Dですが、円柱などにマーキングする場合にはソフトで歪みを計算して描画し、あたかも3Dマーキングのように見せる機能です。

但し実際に焦点距離(Z軸)を可変できるわけではないので、あまりRがきつく濃い印字が必要な場合は向きません。

それでは実際に試してみましょう♪


まず「A」という文字を円柱に描きます。

20x20mmのサイズです。




次に、円柱を用意します。
円柱の直径は25mmぐらいです。

円柱直径



まずは円柱に2.5D機能を使わずに普通に描画してみます。

普通の描画


このようになりました。
エッジ部分をよく見ると膨らみが当然出てしまいます。

2Dでの膨らみ



それでは2.5D機能を利用したらどうなるのでしょうか?

メニューから「ProjectMark」を選択します。

ProjectMarkを選択


次にパーツの直径を25mmと設定し、縦型マーキングを選択します。

2.5D設定画面


設定はこれだけです。
あとは「加工」ボタンで印字します。
さてどうなるでしょうか?


2.5D印字


違いがわかりますか?
正面から見た場合に歪みがないように補正されて描画されているのがわかると思います。

先ほどのAのエッジも拡大するとこのようになっています。


2.5Dのエッジ


いかがでしょうか?
非常に便利な機能かと思います。

ちなみに横向きでも印字してみました。


2.5D 横設定


今度は「横向き」を選択して印字します。


2.5D印字横向き


こちらも綺麗に補正されているのがわかります



このように高価な3D機能はなくても、ある程度は2Dレーザーでも十分利用できるシーンは多いと思います

ぜひ色々と遊んでみてください

AL20Fシリーズについてデモ機のご要望が多いことから、貸出サービスを開始致します。

(貸出内容)
・ファイバーレーザーマーカー AL20F-30W 30Wタイプ
・昇降台
・付属品一式
※パソコンは含まれていません、ご準備してください(WinXP/7/8/10可)

(貸出期間)
・原則2週間以内

(留意事項)
往復の送料はお客様ご負担 

(梱包サイズ、重量)
以下の通りです。
サイズ、重量が大きいので、送料がそれなりにかかります。

弊社⇒お客様の送料は、宅配業者と特約契約がありますので比較的リーズナブルです。
お客様⇒弊社の送料は、お客様ご利用の宅配業者にご確認してください。

梱包状態




上記梱包資料のPDFはこちら


以上となります。
デモ機ご希望の方は、こちらからお申込み下さい。




こんにちは! 

今日は錆取りレーザーALSGシリーズの「レーザー波形の種類」についてご紹介です。

アコンの錆取りレーザー波形は、直線はもちろんですが、らせん状であることが大きな特徴です。


らせん状であれば、比較的広い範囲でレーザー照射ができるので、作業時間の軽減が期待できます。

そのうえ、らせん状は10種類! もあって

ワークに最適な波形を選択することもできます!



波形の種類について動画にまとめましたのでご覧ください。




いかがでしょうか?

波形の長さや幅も、タッチパネルで変更することもできます



サビ取りレーザーALSGシリーズは、錆取りだけではありません!!

塗装剥離、溶接痕の除去などでも利用することができます。

事例写真をご紹介しましょう。


↓サビ取り

サビ取り

↓塗装剥離

塗装剥離

↓酸化膜除去

酸化膜除去

↓油汚れ除去

油汚れ除去


↓スクリュー汚れ洗浄

スクリュー洗浄

↓溶接痕除去

溶接痕除去


↓タイヤの金型の洗浄前
タイヤ金型洗浄前

↓タイヤの金型の洗浄後

タイヤ金型洗浄後


色々な用途に利用できるのはうれしいですね


レーザーヘッドも軽く2KGぐらいなので、手軽に作業できて便利です!!

錆取りレーザーALSGシリーズ、ぜひお問い合わせください。



※前回アップしたサビ取り様子の動画も上げておきます。